カフェ・サロンの開業から税金・経営管理まで業務効率化でサポートします
ブログ

コラム

突然訴状が届いたら・・・放っておくと大変なことに!

ご自身が「被告」となってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?実は、ビジネスの世界ではそうしたことも決して珍しくはありません。そのような場合に備えて、対応のポイントを知っておきましょう。

取引先が代金を支払ってくれない!代金回収のテクニック

「契約」をした以上、それに基づくお金はきっちり払うのがビジネスにおけるルールです。相手がこうしたルールに従わない場合、しっかり代金を払ってもらうにはどのような方法があるのでしょうか?

【経営者インタビュー】株式会社枻出版社 代表取締役社長 角謙二さん

居心地の良い場所を作ること。嫌なことは続きません。私はモノを創り出すことが好きで、読者の顔が見られることが喜びです。今、とても居心地が良い場所です。

口約束でも契約になる?知らないと怖い「契約」の意味

契約書がなくても、売買の約束を口頭で行った場合は有効でしょうか。取引先との取り決めは口約束のままで契約書は作っていない、という場合もあると思います。このような取引でトラブルが生じた場合、契約書がないとどうしようもないのでしょうか?このようなときでも、すぐにあきらめてはいけません。

「転ばぬ先の杖」ビジネスルールを身に付けよう~予告編~

法律は、ビジネスにおける基本的なルールです。クルマを運転するのに「青信号で進む、赤信号で止まる」といった交通ルールを知っておかなければならないように、起業をしてビジネスを行うにあたっても、最低限知っておくべきルールがあります。何もトラブルがなければそれが一番ですが、万が一トラブルに巻き込まれた場合、「ルールを知らなかった」では済みませんし、取り返しのつかないことになりかねません。

« 1 5 6 7 »
PAGETOP
Copyright © 酒井税理士事務所 All Rights Reserved.