飲食店の開業から税金・経営管理までワンストップでサポートします

愛され続けるお店づくりのための事業計画書の必要性

事業計画はなぜ必要なのでしょうか

事業計画がなくても開業できます。
しかし、その事業はしっかり継続できるものでしょうか。
ビジョン(事業の目標)を明確にし、リスクを分析する事業計画は経営の道しるべです。

事業を継続させるうえで、開業後のやるべきことを明確にしてくれます。
頭の中にあるプランを「いい案が浮かんだ!」だけで終わらせず、文章化し、分析・検討してみることが大切です。それにより、開業後もやるべきことを明確にし、繁盛店への道を示してくれるツールとなります。

業績改善

 

事業計画書は読む人を想像して書きましょう

事業計画を自分(経営者)のために作るのであれば、それは日々のシナリオとなります。何かに悩んだときの道しるべとしてあらゆる判断の材料になるのです。

また、事業には協力者が必要不可欠です。
周りの人々の共感を得るためのものが事業計画でもあります。

読む相手が社員などである場合には、事業の方向性を示すものになり、会社の一体感を生み出します。

金融機関や提携先などに対しては、事業の方向性や可能性を示し、資金調達や新たなパートナーシップなどを創出する手段となります。

読み手を想像し、事業計画の策定目的を明確にしましょう。
そして、専門用語など難しい言葉を羅列せず、ビジネスの魅力を理解してもらえる文章にしていくことが求められます。

 

事業計画書は一度作って終わりではありません

はじめから完璧な事業計画はありません。
計画通り順風満帆にいかないこともあります。

事業コンセプトを中核に、「経営課題」を抽出してより現実的に、より強固なものへとブラッシュアップしていくことが大切です。

事業計画は一度作ったら終わりではなく、必ず見直し、分析、軌道修正もしていきましょう。

経営

 

テンプレートに当てはめる前に使いたい無料ワークシート

事業計画書の必要性はお分かりいただけたでしょうか?とは言っても、いざ一人で書こうとしてもなかなか思うように書けないこともあると思います。

事業計画書を作成するには、テンプレートに当てはめて書くなどの方法もありますが、その前に客観的に自分の事業を見る必要があります。

そこで、一人で作成するための『ワークシート』をご用意いたしました。これに沿って記入していただくだけで、事業コンセプト、プラン、必要な資金等、頭の中にあるものが明確化されることでしょう。

下記フォームにてお申し込み頂くと、ご登録いただきましたメールアドレス宛にダウンロードページのURLが送信されます。また、毎週火曜日早朝にメールマガジンもお届けいたします。

 






 は必須項目です。

 事業計画書ダウンロード
    (例)日本
 名   (例)太郎
 メールアドレス   (例)nihon@example.co.jp
 開業の有無  これから開業予定すでに開業している未定


 

▼セミナーはこちらから▼

愛され続けるお店づくりのための事業計画書作成セミナー

PAGETOP
Copyright © 酒井税理士事務所 All Rights Reserved.