こんにちは。
愛され続けるお店づくりをサポートする税理士の酒井麻子です。

 

昨日、小さなお店の販売促進や業務改善に使える「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されました。

小規模事業者持続化補助金とは

経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。
小規模事業者が対象で、計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

対象者

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

 

補助率・補助額

・補助率 補助対象経費の2/3以内
・補助額 上限50万円
*ただし、
(1)①雇用を増加させる取り組み、②買い物弱者対策に取り組む事業者、③海外展開に取り組む事業者については、補助上限額が100万円
(2)複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者あたりの補助上限額」×連携小規模事業者数の金額となります。(ただし、500万円を上限とします。)
(3)上記(1)と(2)の併用は可能です。(その場合でも補助上限額は500万円を上限とします)

 

手続きの期限

公募期間:平成28年2月26日(金)~平成28年5月13日(金)

採択結果:平成28年7月上旬頃

補助期間:交付決定後~平成28年11月30日(水)まで

 

 

広告宣伝や業務効率化に使える

この補助金は、従業員の少ない個人事業主でも会社でも幅広く活用できる補助金です。
どんなものに使えるか一例をご紹介します。

簡単に説明すると下記のことが公募に載っています。

  • 販促用チラシの作成・配布
  • 販促用PR(ウェブサイトなど)
  • 商談会・見本市への出展
  • 店舗改装
  • 商品パッケージの変更
  • ネット販売システムの構築
  • 移動販売・出張販売
  • 新商品の開発
  • 販促品の製造・調達

なお、当事務所で支援させて頂き採択されたお客様の事例では

  • 販路拡大のための冷蔵庫導入
  • 夏場利用拡大のためのエアコン導入
  • イメージ戦略のためのロゴ制作
  • ターゲットに合わせたホームページの改修
  • マーケティングコンサルティングの依頼
  • FACEBOOK広告
  • 専門書籍の購入

などなど、他にもございますが販路拡大に向けた取り組みとして様々なものに活用頂いてます。
また、今年の公募には「業務効率化」という項目が追加されました。
これは、POSレジや人事労務管理ソフト、会計ソフトの導入なども含まれます。
日々の仕事を効率化して販路拡大から売上拡大に広げていきましょう。