飲食店の開業から税金・経営管理までワンストップでサポートします
ブログ

コラム

外国人を雇うなら知っておきたい「ビザ」と「在留資格」の関係

外国人や外国人の雇用を考えている会社の総務・人事の方から「ビザを取って欲しい」とよくご相談を受けます。まず「ビザ」とは、外国人が日本に入国する際に必要となる、外国にある日本大使館(領事館)が発行する「推薦状」のようなものです。この日本滞在の根拠となる「在留資格」は、『出入国管理及び難民認定法』(以下、『入管法』)によって、活動内容や期間が細かく定められています。

時代はグローバル!これだけは押さえたい外国人の就労ビザ ~予告編~

行政書士の仕事は多岐にわたり、個人から法人までさまざまな手続きの代行をして下さいます。様々な業務がある中でも、今回は外国人を雇用したいという企業が増えている中で、手続きに困らないように就労ビザについて教えて頂きます。

お給料の支払い方のルール

労働者を雇いますと、労働の対償としてお給料をお支払いする必要が出てきます。「お給料を支払う」と言っても、この支払方法には法律で定められた大きな決まり事があります。これは「賃金の支払の5原則」と呼ばれるルールで、労働者にお給料を支払われる際には必ず守らなければならないものです。

業務にあった働き方はどれ?働き方の色々

従業員を雇ったけれど、残業代などの割増賃金がかかる。 季節変動の激しい仕事だから1週間40時間や1日8時間が守れない時もあるけど、逆に短い時もある。どうにかならいのかなと悩む経営者が多くいらっしゃいます。今回はそんな働くスタイルに合わせた制度をわかりやすく説明して下さいます。第2回目は『業務にあった働き方はどれ?働き方の色々。』をお届けします。

会社を守る!労務の「いろは」。 起業した!さぁ、どうしよう?

起業をした際、色々な書類を行政に対して提出する必要があります。 労働保険や社会保険に関する書類については、基本的に3つの役所に提出が必要になります。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 酒井税理士事務所 All Rights Reserved.